Gasius

ガシアス

Russell Maurice(ラッセル・モーリス)

Gasius(ガシアス)は、ロンドン出身のアーティスト兼グラフィックデザイナーであるRussell Maurice (ラッセル・モーリス)のアーティストネームであり、また彼自身が手掛けるアンダーグラウンドのアパレルブランド名でもある。
12歳からグラフィティを書き始め、友達の為に手書きした10枚のカスタムTシャツで得た資金をもとに、グラフィティを洋服に載せた最初のグラフィティブランドとして93年にGASFACEをスタート。その当時、UKスケートカルチャーの中心的な役割を果たしていたSlam City 等のスケートショップのみで販売され、アンダーグラウンドレーベルとして熱狂的な人気を得たのがきっかけとなり「GASIUS」の全ては始まった。

GASFACEとしての活動を続けながら、98年にファッション・ブランドMAHARISHIのヘッドグラフィックデザイナーに就任し7年間従事。デザインを手掛けたカモフラージュ柄は世界中で人気を博しMAHARISHIの成功に大きく貢献した。この頃から、世界各国でART EXHIBITIONを活発に開催するようになり、芸術への追求を深める為に退社。2008年に Central St Martins College of Art and Design の大学院でファインアートを専攻。2010年には、新進アーティストの登竜門として知られるBloomberg New contemporaries に選出され、アーティストとして世界各国で高い評価を得た。

2003年にGasfaceを “Gasius”に改名。より洗練されたスタイルへと成長し、グラフィティからの影響だけでなく、環境問題への考慮、古代文明、70年代のロゴ、Dr. Strange, Master of Kung Fu, Green Lanternなどの80年代コミック、もしくはMike Giantが手掛けていた頃のThink SkateboardsやTwist時代のMad Circleなどの90年代スケートカルチャーなど、様々な物からインスパイアされている。

現在、Gasiusの商品は、イギリスのGoodHood、パリのColette、アムステルダムの290Sqmなど限られたアップスケールなブティックでのみ取り扱われている。また、レコード会社のヴィジュアル、携帯電話、キャンドルのパッケージングなど幅広い分野のデザインやアートディレクションや、様々なブランドとのコラボレーションを行っている。また、今シーズンは、GIVENCHY、STUSSY、MEDICOM TOYなど、コラボレーションやデザインの提供を行っている。

Clients:

(順不同)Givenchy, Yves Saint-Laurent, Nike, Adidas, Puma, Umbro by Kim Jones, AgentProvocateur, Sixpack, Antipodium, Joe Malone, XL Recordings, Defected records, Roger Sanchez, Eric Prydz, Coldplay, BeamsT, Sazaby, Uniqlo, MedicomToy, Porter, Stussyなど

Official Site

Online Shop